神さまがふってきた

全16ページ

神様マシンがなおりますように…。

1997年に製作した作品です。
前年の「ぼくはヒーロー」と内容がどこか
似かよるので、どう同じテーマで違う料理の
仕方があるのか考えて描いた覚えがあります。

この作品に登場する女神は、後に描いた
「親から子へ」のシルクと同一人物です。

この作品を描いた当初にはそこまで考えて
いなかったですが…。

シルクの子供時代のお話と考えると、
彼女の成長や、人間と関わる事になった
数奇な運命が感じられるかも?!

シルクの無邪気な子供時代の人間との出会いや
男の子と仲良くお話するシーンは自分でも
よく出来ていると思います。

 

 

戻る